Shunya UETA

Software Engineer As Data Scientist

“Learning Deep Representations for Graph Clustering (AAAI2014)” を読んだ

Posted at — Dec 23, 2017

自己符号化器とSpectral Clusteingの関連性を示した論文

Author

Motivation (研究背景・動機)

概要

既存研究で未検証な事柄、何を解決・解明したいのか?

Method (提案手法)

image

Evaluation (検証方法・評価方法・優位性)

以下の三種で比較

image

image

次元の減少推移

image

層を重ねる毎にNMIが向上している。

image

Conclusion (結論・貢献)

提案手法の限界(残された課題)

実行時間の比較が行われていないが、あくまでこの論文の価値はDLとGraph Cluseteringの関連性を示しているのが価値なのでそこは許して下さいって感じ。### Comments (疑問点・わからなかったところ・議論)

comments powered by Disqus