Shunya UETA

Software Engineer As Data Scientist

Machine Learning Casual Talks #5 を開催しました #MLCT

Posted at — Jul 15, 2018

2018/07/13 にMLCT #5を開催してきたお話

image

Opening Talk by Aki Ariga

Machine Learning Casual Talks #5 (2018/07/13 19:30〜)

本イベントは株式会社メルカリにスポンサーとして会場と懇親会を提供を受け開催することができました。スポンサー依頼を快諾いただきありがとうございました。

発表資料はこちら 👉 here (YouTube配信もあります)* この記事では、技術的なお話というよりも開催に至るまでの話をメインに書いていきます。

Start

構想開始時期は2018/04頃に考えていて、弊社開催の
MLOps Nightと呼ばれるイベントの準備を行っているときに、社内だけではなく
_社外の人の機械学習の辛い話をうんうんと頷きながら聞きたいなぁ
_と思ったのが事の始まりです

そのあと、とりあえず日程と発表者は事前に集めておかねばと思いTakashi Nishibayashi さんにラブコールを送っていた

image

発表依頼の様子

chezou さんとの出会いとMLCT復活の狼煙

その後、

を迷いつつ時間が過ぎていき業務の一環として機械学習工学キックオフシンポジウム に参加していたら、そういえば Aki Ariga さんってMLCT開催してたよな、あの勉強会すごく参考になること多かったから復活できないかなと思い始め、気がついたら懇親会で hagino3000 さんに chezou さんを紹介してもらい

「MLCT復活させたいです!!! 場所と運営準備は僕主体でやります!」

と提案したら、あっさりと快諾され運営者に混ぜてもらえることになりました

image

メッセージ投げかけから1分で承認される

あらためて、突然飛び込んできた見知らぬ人物の運営への参加を快諾してくださった、 Aki Ariga, Atsushi KOMIYA, @tetsuroito さんありがとうございました 🙇

また社内にはコミュニティを運営する人たちが集まる #z-organizer という夢のようなSlackチャンネルがあり、そこの方々からも今回の運営準備や行動理念など沢山の助言をいただきました! ありがとうございました!

MLCT #5 開催の感想

定員は100名で募集したところ、応募者が200人強、実参加者は71人と盛況にイベントを開催することができました。

運営初回ということもあり、発表者は事前に僕と hagino3000さん、同僚の hnakagawa, ynqa にお願いして数を揃えました。イベント告知後には soonraahさん、 overs_5121 さんにLT参加応募をいただき定員に達してホッと覚えがあります。

結果的に、機械学習の技術的な話から運用・先進的なミドルウェアの紹介などバランスが取れたコンテンツを提供できる形になって最高のスタートを切れたんじゃないかと思いました(自画自賛)

image

image

スポンサーである株式会社メルカリからの ドリンクと懇親会の提供の様子

image

会場の様子

まとめ

MLCTはこれから2ヶ月ごとに定期開催していく予定です。日本の機械学習コミュニティをどんどん盛り上げていけたらなと思っています!

司会のときにも言いましたが、
_機械学習エンジニア界隈に知り合いがほぼ存在していないので
_
発表したい方絶賛大募集中です!

では、これからもよろしくお願いします!!

comments powered by Disqus