Shunya UETA

Software Engineer As Data Scientist

2017, 2018年振り返り

Posted at — Jan 3, 2019

ここ2年間の活動を振り返ってみた

image

これはポーランド出張で発見した角が折れかけてるユニコーンです 🐴

2017年

修士時代はメインの大学の研究室以外で、産総研RAやcvpaper.challangeの経験は今の業務に活きていて、RAの機会を創出してくれた @tsujimotter さんにめちゃくちゃ感謝しています
情報科学若手の会で知り合った縁が活きてきて、何があるかわからんなと思った
RA同期はMIRU2018で再会したんですが、なんと全員社会人博士課程に進学(or 予定) で最高ってなりました 🔥

そのあと03月に修論出した後はPRMU準備・発表、奨学金応募や留学受験などなどドタバタしていつの間にか09月
この時にCS関係の基礎を再びやり直したけれど、自己知識でたくさん欠けているところを学び直せたのでやってよかったなと思う。
必要があって物事を学び直す時に基礎知識という貯金があるとレバレッジが効くので良かった

大学院留学試験の結果は不合格でしたが、受験したことに悔いは無い。
だが、進路などは未決定だったので過去に戻れるならリスクヘッジちゃんとしようなと説教をしてあげたい 😇

その後はボーッとしてこの先どうしようかなと考えてたら、知り合いから仕事を紹介してもらい、ARと画像認識をかけあわせたデモアプリの開発をしてました

この時にフリーランスの業である

を経験することができた

2018年

フリーランスに疲弊した結果

の考えが高まり、2月にメルカリに機械学習エンジニアとして入社しました。
機械学習チームを知ったきっかけは、下記の技術ブログを読んだことがきっかけ

画像での商品検索に向けて - Mercari Engineering Blog

機械学習システムがPOCで終わらずに既にメルカリのアプリで既にリリース済というのは、自分にとって非常に魅力的に見えた記憶があります

入社後にいろいろと考えたこと

結論

社会人経験はメルカリが初めてですが、めちゃくちゃ楽しい 🎉

就職・結婚など人生の大きなターニングポイントを迎えた2018年でした

2019年の抱負

インパクトの大きい問題を嗅ぎ分けて、エレガントに解ける世界トップレベルのエンジニアを目指す

Shunya Ueta (@hurutoriya) | Twitter

comments powered by Disqus