Skip to Content

機械学習・ソフトウェアエンジニアリングをテーマにしたPodcast just4fun.fm を始めてみた

機械学習エンジニアをしている hurutoriya が機械学習、Software Engineering 周りに関する学んだことなど最近楽しいと思っていることを発信していくPodcast です

just4fun.fm at Anchor

扱うトピックとしては、普段学んだ機械学習、ソフトウェアエンジニアリング、読んだ論文やデータ分析などについて扱っていきます。 もし、ご興味あれば購読お願いします。主要なPodcast Platformで購読可能です。

ご感想などは Twitter ハッシュタグ #just4funfm でお待ちしております

なぜ Podcast なのか?

以前からPodcastは日常的に聴いていて、自分の中でもすごく好きなメディアのうちの一つです。 前からやってみようかなと思っていたんですが、周りの人たちがPodcastを始めたのを機によし自分もやるかと始めてみました

Blogと比べてみると、

  • ブログ書くよりかはサラッと配信できる、音声で配信するのも新鮮で面白い
  • その代わり、換気扇とかの音が気になり音源環境とかはめちゃくちゃ気を使う
  • 発表レベルの構造化したトークよりも雑談レベルでワイワイするほうがPodcastは向いてる感じはする。前者だと準備やらなんやらで公開できずに死の谷に落ちそう
  • 喋っているうちに思考が洗練されていくので、あまり気負いすぎずに喋りたい事を発信していくのが良さそう

しばらく試験的に続けていきたいと思います。

Anchor 凄い

  • AnchorでPodcastを始めると、自動的にAppole Podcast, Google Podcast, Pocket CastなどPodcastのプラットフォームに自動配信される。
    • Google Podcastは、配信開始と通知が来ても実際は2-3日後に視聴可能になると問い合わせたら返信がきた

Support here. Sorry for the confusion with your podcast on Google. Allow me to explain this to you. We have noted that for some users the podcast link takes a week or so to become active, so it should begin working soon! If you’re still not seeing it update in the next few days though, I suggest reaching out to Google directly to see why your podcast doesn’t seem to be appearing on their end and be sure to let them know that the link doesn’t appear to be working. Thanks so much for understanding as we continue to distribute your podcast! All the best,

Anchor は Spotify に買収されているので、サービス生存戦略的にも安心なので今回使ってみました

サービス開発もかなり熱心にやっているので、これからの進化が楽しみです。 URLを送るだけで、共同収録が可能な機能はゲストがZoomとか使えない場合にはすごく気軽に招待できるので便利。難点としては、スマホアプリをホストとして動くので、web appからでも収録できるようにして欲しい

ちょっと微妙な点としては、Episode description がうまくパースされずHTMLのリンクがanchor上だと死んでたり(他のGoogle Podcastなどはうまくパースされている)、音声データを扱う宿命でeditor がめちゃくちゃ重かったりする。後はスマホファーストでの開発の影響かweb appの機能が必要最低限なのは、優先度の問題で仕方ないと思いつつ改善されたら嬉しい・

あと全然関係ないですが、GoogleがPodcastの内容を文字起こしして、エピソード検索のメタデータとして活用しているらしくて感動した。

日本語の音声認識モデルもGoogleで問題なく使われるクオリティになれば、Podcastの中身を検索できるのも近いですね

チラ裏

Podcast の由来は僕の好きな書籍の一つである それがぼくには楽しかったから 全世界を巻き込んだリナックス革命の真実 から引用しました。