高専 5 年生の卒業前の春休みに友人 3 人と集まって、2013 年 4 月にリリースした個人開発の Web サービスが完全に終わりを迎えた。

2021 年の現在から換算すると 8 年以上前の出来事であり、時の流れは凄まじい。

先程アプリをデプロイしていた Heroku 上からも完全に削除をしたのだが、色々と昔のことを思い出したので筆を執ってみる。

開発当時

当時仲の良かった同じクラスの友人 3 人で、春休みに友達の家に泊まりつつ 2 泊3日で、Rails 3 でロジック部分を作り上げた。 Twitter ログインや DB 定義なども本を読んだり、ネットの記事を参考にひいこら言いつつ実装していった。

Heroku を使って、 http://kosen.herokuapp.com/ という URL でサービスを提供しており、Twitter ログインで編入体験談投稿、ログイン無しで掲示板で編入情報について交換できるような機能を提供していた。(注: サイト名のネーミングセンスが若気の至りすぎるので言及しません)

最終的に Bootstrap で見た目を整えて、編入後の授業が本格的に始まる前の 2013/04/10 にはリリースしていた模様。

共同開発した友人の 2013/04/28 に書かれた当時のブログ記事が残っていた。 8 年経過しても、その時の状況がブログ記事として残っているの凄い。 自分はブログのホスティングサービスをひたすら変遷して、現在の GitHub pages に落ち着いたので尊敬する。

ついに動き出しました!! 編入体験談のまとめサービス 「HenTai ~編入体験談~」 http://kosen.herokuapp.com 午前 0:15 · 2013 年 4 月 10 日 tweet

サービススクリーンショット

当時全く Web サービスの運用方法も全く知らない自分が、インターネット上に Rails アプリを公開できたので間違いなく Heroku のおかげだと思う。GitHub repository と連携して Push すれば Rails アプリがデプロイされる体験はとても簡単だった。

リリースまでこぎつけれたのは、友人たちと開発できたから。自分ひとりだとここまでモチベーションも上がりきらなかったと思う。

全体で 106 件の編入体験談が投稿されており、編入体験談の情報源として現在からしてもかなりの規模の情報を集めれたのではなかろうか。

リリース後、投稿体験談を投稿してもらうために自分たちの知り合いをつてにに声をかけていたので、その影響か自分が編入した大学の体験談が 2-3 割を占めていた気がする。

与太話として、何度か同大学の編入してきた後輩と話す機会があり、このサービスが話題になった際に

「作ったの実は自分なんですよ」

と話すと、

「あぁ、だからこの大学の体験談が多かったんですね~、編入する際にはめちゃくちゃ参考になりました!」

と毎回ポジティブな感想がもらえて、あぁ作ってよかったなぁとしみじみと感動していた記憶がある。

この個人開発のサービスリリースのおかげで、編入後にベンチャー企業での Rails を利用した Web 開発のアルバイトを始めることができたり、Rails 繋がりでミクシィのインターンに合格するきっかけにもなった。 なので、この個人開発は自分の人生が前に進み出す大きなきっかけとなるサービスともなったのである。 また、作りたいものありきで道具の使い方を学習できたのは良かった。(だけど 6 年くらいはもう Ruby を書いていない気がする…)

目標がない状態で何かを学ぶよりも、やりたいことがあってそれをどう実現するかをベースに学べたのは今思い出しても本質的でかけがえのない経験だ。

個人開発の行方

現在の自分だと Rails で Heroku で Deploy するぞ!!! なんてするわけがなく、Google Form で編入体験談を収集して、マネージドの Web サイト(Google site とか)で公開して終わりなので、矜持もなにもあったもんではない。 これが価値観の変容… 若気の至り、ここに極まり

その後編入して 1 年ほど時間が立つと、学生生活が忙しくなりメンテナンスする余裕もなくなってきた。 リリースして一年ほど立つと Twitter のログイン機能が不具合を起こしていて、新規投稿ができない状態だった気がする。

2 年ほど経過すると、Rails3 をアップデートしてくださいと、Heroku からメールが来てたりしていたがそれができないので個人開発の常である。 結局 Twitter ログインのの不具合は修正できず。。。

2020 年の終わりまではサイトが閲覧できた状態だったと思うが先日アクセスしてみるとアプリが完全にダウンしていたので、良い機会なので Heroku 上からも完全に削除した。

一点だけ後悔している点

投稿いただいた 106 件の体験談データが消えてしまったのは申し訳ない。次回データを預かるようなサービスを作成する際には、もし Web アプリ自体が運営できなくなったとしても、投稿されたデータはバックアップしておき、貴重なデータが消えないようにしておきたい。

あらためて、編入体験談を投稿していただいた皆様、ありがとうございました。

See Also

Support

記事をお読みくださりありがとうございます。このウェブサイトの運営を支援していただける方を募集しています。 もしよろしければ、下のボタンからサポート(投げ銭)していただけると、ブログ執筆、情報発信のモチベーションに繋がります✨