予定調整サービスのCalendly 皆さん使われていますか?

僕は COVID-19 の影響でオンライン雑談を始めたのですが、カレンダーと連動したスケジュール調整とビデオチャットの準備が同時にされる点が便利すぎて感動して、ずっと愛用してます。

チャットで Calendly の自分の予約ページへのリンクを共有するだけで、スケジュール調整がすべて終わるのでまぁ便利。

社内だと相手のスケジュールが見えるので問題ないのですが、社外の方だとスケジュールが把握できないので、オンライン雑談は社外の人が主なので、重宝しています。

チャットで従来は

  • 「–日の–の時間帯はいかがでしょうか?」
  • 「一応カレンダーを抑えておきたいので、メールアドレスを教えてもらってもよろしいでしょうか? カレンダーを招待させていただいております」

のコミュニケーションが必要だったんですが完全になくなりました。最高

今までの Calendly 使用履歴を見ると 20 件以上使っていました。そんなにオンライン雑談をしていたのか…!

ですが、スケジュール調整って自分と相手の2人だけ参加するパターン以外に自分を入れて 3 人以上参加する場合もあります。その場合は Calendly の仕様にあっていなかったので、泣く泣く従来の方法で確認をとっていました。

ですが、2021 年の年末にMeeting Polls という自分以外に複数人の参加者がいる場合の調整機能がリリースされました。

機能説明などは、以下の公式 Blog 記事がわかりやすいです。

日本語で簡単に説明すると

Calendly Meeting Polls の流れ

  • 主催者: スケジュール候補の時間帯を複数選択
    • ここが Calendly らしい顧客のことを考えた機能なんですが、候補として選ばれた時間帯は Calendly がスケジュールを作成して自分のカレンダー上で時間を抑えておいてくれます。そのおかげで、スケジュールが確定する前に「あれ、自分で候補にあげたスケジュールを抑えていなくて、別のスケジュールで埋まってしまった…」という悲しい事態を防げます。最高
  • 主催者: 参加予定のメンバーにリンクを送信
    • 参加者: メンバーは複数の候補の参加可能かどうか投票を行う。その際にスケジュールの招待をするための、名前とメールアドレスを入力。
  • 主催者: 全員が参加できるスケジュールを選択する
    • 主催者: 候補日のスケジュールはすべて削除され、参加者が招待されたスケジュールのみカレンダー上に残る
    • 参加者: カレンダー上でスケジュール招待される

この機能ですが、無料枠で使えるようにしてくれているので、非常に太っ腹。 誰でも使えます。

自分の場合は、勉強会の運営時に登壇者の方々のスケジュール調整や、オンライン雑談が自分含めて 3 人以上の際に便利に使わせてもらっています。

Calendly のプロダクト開発の姿勢は非常に大好きで、僕が Meeting Polls を使った履歴から対象にしていると思うんですが、メールで、Meeting Polls でみんなが待望していた機能を実装したよお知らせが来ていて、「これが本来のもらって嬉しい情報だよなぁ、気持ちの良いメール配信だ」と毎回感動しています。 顧客のことを考え抜いたプロダクト開発は、所作に現れますね~。

というわけで、

3 人以上のスケジュール調整をする際には、ベータ版だけど Calendly の Meeting poll がとても便利だからみんな使おうというお話でした。

Support

記事をお読みくださりありがとうございます。このウェブサイトの運営を支援していただける方を募集しています。 もしよろしければ、下のボタンからサポート(投げ銭)していただけると、ブログ執筆、情報発信のモチベーションに繋がります✨