愛用しているツールを更新: Joplin→Obsidian & TickTick → Todoist

ノートアプリを Joplin から Obsidian へ 2021-03-13 に notion から joplin に乗り換えた。 理由としては notion を マークダウンのメモ帳としか使わない DB 機能やテンプレート機能は必要としていない なのでロックインされずに自分で管理できる OSS の joplin のほうが良いなと思って乗り換えました。 必要な機能は全て満たしてるので満足 と Joplin に乗り換えて大きな不満は無く使い続けていたのですが、Obsidian に乗り換えました。 きっかけは ryuzeee さんの記事1 なんですが、以前から存在は知っていたObsidian をとりあえず食わず嫌いせずに触って見ようかと思い立ち、Joplinの記事を Obsidian のフォーマットにすべて変換2して使い始めてみたところ、とても心地よい使い心地で感動して乗り換えを決定した。 元の Joplin がそもそも Obsidian と同じローカルのプレーンテキストを扱うという思想なので移行がとても簡単でした。 乗り換えを決めた点として、 daily note プラグインと Calendar プラグインで日誌がめちゃくちゃ快適に書けるようになった。自分は日誌という形でログを残しつつ作業をしているのだが、このプラグインで毎日の日誌の記入がとても快適になった。 ぷーおんさんが書いてくれている記事3が、このプラグインの魅力をわかりやすく紹介されています。 またバックリンクの機能がやはり強力で、プラグインも PKM(Personal Knowledge Management) を目的に作成されたツールが多いので、それも気に入った。(ランダムノートを開いて、ノートを整備する機能はなるほど!となる便利さ) Joplin でもバックリンクのプラグインはあり使っていたが、Obsidian のバックリンク機能は比較してとても完成度が高い。バックリンクを使った繋がりの提案や、つながりが無いノートも見つける機能があったりと書いていて楽しい。 また、自分は料理を良くするのだが、普段参照するレシピも PKM で管理することで有機的な管理ができるようになりとても楽しい。これぞ PKM という事例だなとしみじみ。 logseqというアプリも気になったのだが、アウトライナーアプリで、自分は文章として作成したいので今回は Obsidian を選んだ。 一つ困った点としては、Joplin では Dropbox 経由で Mac と Android 間でノートを同期できていたのだが、Obsidian では Dropbox を使った同期ができなくなった。 だが、スマホでメモを見たくなる用途は主にレシピを見たいときだけだった。どうしても我慢できなくなったら頑張ってデバイス間同期をしてみる。...

June 3, 2022 Â· Shunya Ueta

Re:プログラム雑談 188回:ゲスト回:MessagePassingの話とか

自分が大好きだった、Message Passing はなしをふったりふられたの後日談を @karino2 さんが、Podcast で語ってくれていたので、アンサーソング。 読者としては、Message Passing という共著ブログは RSS に登録して毎回とても楽しみにしていた。 著者陣はなぜかやってよかった、大成功だね! という感想を出している方が少なく @morrita さんが 特に皆が書いてくれたものを読むのはすごく楽しかったので、うまくいった気もしています。 https://messagepassing.github.io/023-s1/04-morrita/ というポジティブな感想を残してくれており、読者としても著者陣が良い体験として経験されているとすごく嬉しい。 続編を期待しております。 以下、Podcast 内でのご意見に関するお話。記憶の中から書き出しているので正確性に欠けるかもしれません 書く習慣を身に着けていないと、書けないし、普段から書く習慣を実践したい @morrita さん 同意。自分も今年から脱 Twitter をして、Blog で記事を執筆するようにしているが、以前よりもほんの少しだけど読みやすい文章に変わった気がする。 Blog 記事の感想は欲しい。。。が今だと一方通行。Twitter での言及はいまがポピュラーだが、それはなんか違う。 どちらかというち意見を書くというよりも、意見を求めているときがある。 これも非常にわかる。自分も双方的な意見交換を Blog 上で行いたくてコメント機能を導入1したが、今の所導入してから 1 件のリアクションしかされていない…2 このコメント機能の Giscus の良いところは、 記事に絵文字リアクションを行える GitHub アカウントが必要なのでスパムをかなり弾けそう なのだが、全然使われない… はてぶで 969 件とかなりブックマーク3された記事で、自分の Blog でもおそらく歴代最大の閲覧数を持つ記事でさえもコメントはされなかった。 いや、はてぶやってるヒトははてぶでコメントすると思うので、単純にはいえないですが…一つの指標として はてなスターや、Medium の clap のような弱いシグナルが欲しくて導入したのだが、なかなか思い通りにいかない。 海外の有名所の Blog 記事だとコメントが殺到しているので、これも日本独特の問題なのか? それとも到達する数の規模が違うからそのぶんコメントが多くなる傾向などがあるのだろうか? increments などの雑誌に比べて Message Passsing は、他の著者が書いた記事に返信していくような形式なので、重複した内容が少ないのが良い点 @morrita さん...

May 12, 2022 Â· Shunya Ueta

2022年、はじめてのまともな確定申告

2022 年、初めてまともな確定申告をやったので、所感をメモ。 実際には 2021 年に初めて確定申告を行ったのだが、ふるさと納税と医療費控除のみだったので、まとも?な確定申告は 2022 年がはじめてといってもいいだろう。 会計ソフトはマネーフォワードと迷ったが、クラウド会計ソフト freee 会計を採用した。 前評判では会計知識がある人からすると抽象化されすぎており、むず痒くなるという記事を見たのだが会計知識がない自分からすると全く問題なく使えた。 会計周りもすべてクレカ経由でしか支出していないのでひたすら振り分けて終わり。 これらは実質作業時間 15 時間程度。 振替項目が何が適切なのかの調査に一番時間が取られた。 書類提出も Andorid のアプリと連携することで free で完結して、ネット上で提出できて良い体験だった。 来年もしやることがあればものすごく早く終わりそう。 マネーフォワードの確定申告は、最初の画面で心が折れて回れ右をした。 freee が「寄附金控除に関する証明書」の xml を読み込める機能に対応しており、ポチポチで終わった。 事前の証明書を発行するための手続きが若干煩雑だったが、今までに比べると圧倒的に楽だった。 証明書の管理もしなくて良くなったのは革命では? 実作業時間は 30 分程度。 紙がもったいないので、個人的には自治体から書類は送らないで欲しい。 医療費控除は、国税庁が公開してくれているエクセルにデータを打ち込んで終わり。 実作業時間は 2 時間程度。 そのフォーマットに free が対応してくれているので読み込んで終わり。 最終的な e-Tax の提出は、スマホでカードリーダーを読み込んで連携1させれば終わりだったので非常に快適だった。 2021 年は張り切って、IC カードリーダーを買ったが結局手持ちの Mac と Safari の相性が悪くかなり粘ったが結局紙に印刷して送付したという思い出がある。 アイ・オー・データ IC カードリーダー ぴタッチ 確定申告 e-Tax 国税庁が用意した Safari の拡張機能周りが魔窟で、当時のサイトを忘れたがマニュアルにかかれていない設定をしないとマイナンバー読み込みプログラムがそもそも起動しなかった。 リベンジできてなにより。 完全に無用になった IC カードリーダーは即売却した。 総評 年々システムが改善されて自動化されていて、素晴らしい。 賛否両論あると思うが、医療費もマイナンバーの保険証化2によりデータが収集されるらしいのでぜひ浸透してほしい。 最近のニュースでは別途診察代金が請求される方式らしく3、ここに税金使わないで何に使うんだろうかと思ったが、予算が取れなかったのかなと色々と考えをめぐらした。 せっかく良い活用が期待できるのに、使う動機を無くすのはもったいない。 e-Tax、スマホがあれば IC カードリーダーは不要に - ケータイ Watch ↩︎...

May 4, 2022 Â· Shunya Ueta

子供の就寝時に使っているホワイトノイズマシンをGoogle Home から Dreamegg に変更

過去に 1 歳児の時点で育児の際に役立ったものに関する記事1を書いた。 今回は、その中で重宝していたホワイトノイズマシンを Google Home mini からDreamegg ホワイトノイズマシンに置き換えたので備忘録がてらメモ。 ホワイトノイズマシンとしての Google Home mini の欠点 当初は既に持っている Google Home mini がホワイトノイズマシンとして使えることが分かり、とてもありがたがったが使っていくうちに課題点が見えてきた。 まず一つ目が、ウェイクワードによる起動が手間がかかる。 子供が寝ているときや寝る前にホワイトノイズマシンを起動するのだが、その際に 自分「OK Google, ホワイトノイズを流して」 というわけだが、この音声入力が非常に煩わしい。子供が寝とんやぞ!と。 しかも一回で成功したならまだしも、子供が起きないように囁くように言うので、 Google Home「すみません、聞き取れませんでした!」 と返してくるのが、非常にイラッとする。子供が起きちゃうでしょうが!!となる。 2 つ目が安定性の問題で、ホワイトノイズは 12 時間再生されるのだが、Google Home をホワイトノイズマシンとして使い始めて 4 ヶ月程度経過してくると、3-4 時間経過するとなぜか再生が切れていたりすることが多くなったり、エラーメッセージと共にそもそも再生できないことが多くなった。 使い方としては、子供が寝ている間の 7-12 時間再生を 4 ヶ月毎日行うという、耐久試験のような使い方をしているので不具合が出るのも仕方ない気がしている。 また、後述する Dreamegg に乗り換えたあとに知ったのだが、Google Home のホワイトノイズの再生機能のスペックが変更されたとのことで、なおさら乗り換えてよかったなと感じた。 No longer 12 hours with small 2 second break every hour 2 Dreamegg ホワイトノイズマシンの良さ そんなこんなで、Google Home の限界を感じていたときにホワイトノイズマシンを調べていたら、Dreamegg というメーカーのホワイトノイズマシンを知り、勢いで買ってみたがこれが大正解だった。 Dreamegg が提供するホワイトノイズマシンも安眠グッズシリーズで複数台あるので、自分の用途に合ったものを買うとよい。 自分は、一番安価なものと当時は 1500 円しか変わらなかったので、興味本位で一番ハイエンドのDreamegg ホワイトノイズマシン D3 Pro を購入してみた。...

April 26, 2022 Â· Shunya Ueta

GitHub discussion を使ったコメントシステム giscus を導入

Blog にコメントシステムを採用したいなと思って giscus を入れてみた。 経緯 Blog を読んだ際にコメントするまでではないけど、書いた人に対するシグナルとして、絵文字リアクションという仕組みがとても好き。 Medium だと clap 👏 だったり、はてなだとはてなスター ⭐️ ですね。また Slack や GitHub の emoji reaction も同じ発明だと思う また、はてぶや Twitter 以外でも感想が書ける場所があると良いのではと思いコメントシステムを Blog に導入してみた。 選定基準 コメントシステムの採用候補は2つ utterances GitHub issues をベースにしたコメントシステム giscus は GitHub Discussions をベースにしたコメントシステム 両者とも OSS で、コメントのデータを GitHub 上で保持できるのが魅力的。 DISQUSも同じ機能を提供してくれているが、自分のデータは自分で持ちたいかつデザインが激しめな印象があるので、uttrances, giscus が候補に残った。 両者ともデザインシンプルで良い。 だが、giscus は コメントを取り扱うなら issues ではなく Discussions のほうが適しているという動機から作られた。 giscus は記事に対してリアクションができたり、コメントに関する voting もあるので、迷わず giscus を採用する流れとなった。 確かに issues よりも GitHub Discussions のほうがコメントという概念に適していると思う。 というわけで GitHub でサインインすれば記事末尾にて、giscus を通じてコメントやリアクションができるようになったので、リアクションお待ちしております…!...

January 19, 2022 Â· Shunya Ueta