タスク管理ツールを Todoist から TickTick へ試しに乗り換えてみた

2022 年、タスク管理を TickTick で行うで、TickTick の存在をしり興味が湧いたので、Todoist のサブスクリプションの更新期限も近かったので実験的に乗り換えてみた。 タスクのインポート自体は、TickTick 自体がよくできていて、Todoist で TickTick のアプリの認証をするだけですべて完了するのは楽だった。Todoist 自体には何の不満も感じずプレミアム登録を 4 年ほど継続していた。 自分のタスク管理ツール遍歴 OmniFocus 2013.05-2016.09 買い切り型の Mac, iPhone アプリが提供されているとても手触りの良いタスク管理アプリ。使い心地に全く不満はなかったが、Android, Linux, Web の提供がなかったので、Todoist に乗り換えた。高専 4 年から修士 1 年くらいまで使っていた記憶。今でも良い思い出があるくらいには使い心地とデザインが良かった。特に Todoist でも似たような最近追加されたが、予定されているタスクと左側の Mini calendar でどれくらいの量があるか把握できる Focus 機能がとても良かった。 この時の体験のおかげで Mac の有料アプリは質が高いなぁという印象がついた。あと買い切り型のアプリだったので今思えばそれもありがたかった。 Mac App: 4000 円 iOS App: 2000 円 と少しお高めの値段だが、買い切りでこのクォリティだったので非常に大満足。 今だと、Mac, iOS 以外に Web 版も提供していると聞いて、Web に手を出していることに驚いた。 そのまま Android アプリも作ってくれないだろうか Todoist 2016.10-2022.02 Apple 製品でしか使えない製品は嫌だと思って乗り換えたので Todoist。仕様当初は予定されるタスクの一覧機能がなかった覚えがあるが、2020 年位?から近日中のタスクという機能が提供され始めて嬉しかった。 機能改善のアップデートが頻繁にあり、マークダウンでコメントをかけるようになったり、カンバン表示、サブタスクにも対応したりしていて好印象。乗り換えた TickTick と比べると全体的に使い心地が良かった。そこらへんは後述します。 購読型で年額 4056 円 TickTick 2022....

March 13, 2022 Â· Shunya Ueta

3人以上のスケジュール調整をする際には、ベータ版だけど Calendly の Meeting polls がとても便利

予定調整サービスのCalendly 皆さん使われていますか? 僕は COVID-19 の影響でオンライン雑談を始めたのですが、カレンダーと連動したスケジュール調整とビデオチャットの準備が同時にされる点が便利すぎて感動して、ずっと愛用してます。 チャットで Calendly の自分の予約ページへのリンクを共有するだけで、スケジュール調整がすべて終わるのでまぁ便利。 社内だと相手のスケジュールが見えるので問題ないのですが、社外の方だとスケジュールが把握できないので、オンライン雑談は社外の人が主なので、重宝しています。 チャットで従来は 「–日の–の時間帯はいかがでしょうか?」 「一応カレンダーを抑えておきたいので、メールアドレスを教えてもらってもよろしいでしょうか? カレンダーを招待させていただいております」 のコミュニケーションが必要だったんですが完全になくなりました。最高 今までの Calendly 使用履歴を見ると 20 件以上使っていました。そんなにオンライン雑談をしていたのか…! ですが、スケジュール調整って自分と相手の2人だけ参加するパターン以外に自分を入れて 3 人以上参加する場合もあります。その場合は Calendly の仕様にあっていなかったので、泣く泣く従来の方法で確認をとっていました。 ですが、2021 年の年末にMeeting Polls という自分以外に複数人の参加者がいる場合の調整機能がリリースされました。 機能説明などは、以下の公式 Blog 記事がわかりやすいです。 日本語で簡単に説明すると Calendly Meeting Polls の流れ 主催者: スケジュール候補の時間帯を複数選択 ここが Calendly らしい顧客のことを考えた機能なんですが、候補として選ばれた時間帯は Calendly がスケジュールを作成して自分のカレンダー上で時間を抑えておいてくれます。そのおかげで、スケジュールが確定する前に「あれ、自分で候補にあげたスケジュールを抑えていなくて、別のスケジュールで埋まってしまった…」という悲しい事態を防げます。最高 主催者: 参加予定のメンバーにリンクを送信 参加者: メンバーは複数の候補の参加可能かどうか投票を行う。その際にスケジュールの招待をするための、名前とメールアドレスを入力。 主催者: 全員が参加できるスケジュールを選択する 主催者: 候補日のスケジュールはすべて削除され、参加者が招待されたスケジュールのみカレンダー上に残る 参加者: カレンダー上でスケジュール招待される この機能ですが、無料枠で使えるようにしてくれているので、非常に太っ腹。 誰でも使えます。 自分の場合は、勉強会の運営時に登壇者の方々のスケジュール調整や、オンライン雑談が自分含めて 3 人以上の際に便利に使わせてもらっています。...

February 25, 2022 Â· Shunya Ueta